時間に余裕を持つことが大切!~ガラス修理が完了するまでの流れ~


初めてのガラス修理~作業が終わるまでにかかる時間~

男性

割れてしまった窓ガラスは日常生活を送るうえでも防犯面でも、できるだけ早く直したいですよね。ガラス修理には一体どれくらいの時間が掛かるのでしょうか。ガラス修理業者へ聞いてみましょう。

修理に掛かる時間を教えて欲しい。
ガラス1枚で1時間くらいです。
ただし、これはあくまでも平均。ガラスの種類や修理業者の腕次第で時間は変わってきます。

割れてしまったガラスの枚数や破損状態によっては、半日から1日くらい時間を必要とする場合もあるようです。スピーディーな対応を強みにしている業者でも、修理が終わるまでに少なくとも数時間は掛かります。それだけ簡単な作業ではないということですし、丁寧に作業を行なっている証拠なので、時間には余裕を持って修理を依頼するようにしましょう。

作業当日までの手順ってどんな感じ?

ここで、修理の依頼から作業当日までの流れの一例を紹介します。

修理の相談

まずは電話かメールフォームを利用して、修理の相談をしましょう。すぐに返答が欲しいという場合には電話での相談がおすすめ。24時間対応のところを選ぶと時間を気にしなくて良いので便利です。

見積もり確認

電話やメールフォームでガラスの破損状態などを伝えると、業者が見積もりを作成してくれます。見積もりを確認して問題なければ作業を依頼しましょう。また、この段階であればキャンセル料が無料の業者も多くあります。

作業当日

自宅に業者がやってきて、いよいよ作業開始です。作業日や時間帯は依頼者の希望を最優先してくれることがほとんどなので、時間に余裕が持てる日時を指定しましょう。

業者によって多少の違いはありますが、基本的にはこのような流れになります。見積もりや作業中に疑問に思ったことは、積極的に質問していきましょう。

TOP_button