火災以外でも適用される可能性あり!まずは保険会社に連絡


実際に適用された人の話

実際にガラスの修理代金が補償された方のケースを見てみましょう。

とりあえず加入しているだけのつもりが…(40代/男性)

火災の被害なんて滅多に遭うもんじゃないし、火災保険を使う機会なんて正直ないと思ってましたね。それが、ガラスを割られるという被害に遭ったときに保険の内容を確認していたら、火災保険でガラス修理の代金を補償してもらえることが判明。火災の被害しか補償されないと思い込んでいましたよ。

子どものお友達に割られてしまった!(30代/女性)

うちの子どものお友達が数人で遊びにきていたときのことです。たまたま、お友達が手に持っていたおもちゃが窓ガラスに当たって割れちゃったんです!とっさに保険会社に連絡してみたらガラス修理代金に保険適用が可能になるとのこと。悪気はなかったんだからとは言ったものの、正直ガラス修理の出費が痛いと思っていたので一安心でした。

ボール遊びの被害に…(50代/男性)

すぐ近くに公園があるから、いつかはやられると思っていたんだけどね。派手な音がしたと思ったら、粉々に割れた窓ガラスと野球ボールがあるじゃないですか。保険屋さんとは長い付き合いなので愚痴をこぼしたら、「うちで補償できますよ!」とのこと。火災保険に入っててよかったと思った瞬間です。

窓ガラスが割れたら火災保険が使えるかも?

「ガラス修理代金の出費が痛い…」と頭を抱えている方

すぐに火災保険の契約内容を確認してみてください!火災保険の契約内容によっては、火災以外の原因でもガラス修理代金が補償される可能性があるのです。契約書の「保証される場合」という箇所を確認して、そこにガラスが「割られた」原因が記載されていれば保険が適用されます。

契約書の記載内容では判断できない方

契約書を見ても保険が適用されるか判断がつかない場合には、直接保険会社に問い合わせてみましょう。ここでポイントになるのは、ガラスが「割られた」原因という点。「台風で物が飛んできて割れた」「近所の子どもがボールを当ててしまった」など、被害を受けた場合に適用されるものなので注意が必要です。

TOP_button