同じ防火ガラスでも種類がある!どれを選ぶのが最適?

網入り防火ガラスの取り扱い方

防火ガラスの注意点

  • ● 網入り防火ガラスのそばに物を置かない
  • ● 遮光や遮熱効果のあるカーテンを使用しない
  • ● 網入り防火ガラスに近い位置に設置しない
  • ● エアコンの風を直接当てない

火災時の被害を小さく抑えてくれる「網入り防火ガラス」。しかし、このガラスにも弱点はあります。それは、自然なひび割れを起こしやすいという点です。ガラスの端から出た金網は結露など水の影響を受けます。そのため、その部分からサビが発生し膨張してしまうのです。金網の膨張によってガラスが圧迫され、ひびが入ってしまうというわけです。さらに、金網とガラスには日差しを受けたときの温度の上昇の仕方や膨張の仕方に差があるのですが、この温度差もひび割れの原因となります。これらはどうしようもないことなのかというと、そうではありません。上記の注意点を守ることによって、ひび割れの発生を防ぐことができるでしょう。

需要の高まっている耐熱強化ガラス

ガラス

近年では、網入り防火ガラスに代わって「耐熱強化ガラス」の需要が高まっています。このガラスを選ぶメリットとは何でしょうか。網入り防火ガラスと比較しながら紹介していきます。

視界を遮るものがない
通常のガラスと変わらない見た目で視界がクリア。網入りであると、どうしても金網で視界を遮られてしまうのですが、耐熱強化ガラスであればそのようなことがないのです。
薄くて軽い
金網が入っていないので、その分薄くて軽いのが特徴です。サッシに掛かる負担も軽いですし、窓の開け閉めも重たくなりません。
安全性が高い
熱に強く割れにくいのはもちろんのこと、割れてしまったときにも高い安全性を発揮します。通常、ガラスが割れたときには大小様々な大きさの破片となりますが、耐熱強化ガラスは小さな破片しかできません。破片によるケガの心配が少ないので、住宅に使用するのには最適なのです。
業者

このように、住宅で使用するにあたってのメリットが多いというのが耐熱強化ガラスの特徴と言えるでしょう。網入り防火ガラスと同様に防火設備が義務付けられた場所での使用が可能であるので、防火機能も申し分ありません。

TOP_button